US: +1 (707) 877-4321 FR: +33 977-198-888

English Français Deutsch Italiano Español Русский 中国 Português 日本

お気に入り マイカート

アマゾン - サーカスフェルナンド バイ Henri De Toulouse Lautrec (1864-1901, France)

送料無料となります。返品無料 すべての時間。詳細を参照してください。

Henri De Toulouse Lautrec

アンリ·マリー·レイモンド·ド·トゥールーズ·ロートレック-Monfaまたは単にアンリ·ド·トゥールーズ·ロートレック(1864年11月24日 - 1901年9月9日)は、フランスの画家版画家、素描家、イラストレーター、世紀末パリのカラフルな演劇生活の中で、その浸当時の近代的な、時には退廃的な生活の刺激的な、エレガントで挑発的な画像の全作品をもたらした。トゥールーズ·ロートレックは、ポスト印象派の時代の最も偉大な画家の一人として、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャンと一緒に知られています。ラblanchisseuse、若い洗濯屋の初期の絵は、米国2240万ドルで販売されたときにクリスティーズオークションハウス2005年のオークションで新しいレコードが設定されていた

アンリ·マリー·レイモンド·ド·トゥールーズ·ロートレック-Monfaは、フランスのミディ·ピレネー地域のアルビ、Tarnの近くにシャトー·ド·Malromé、伯爵アルフォンス·ド·トゥールーズ·ロートレック-Monfaとアデルタピエ·ド·Celeyranの初子で生まれた。したがって、彼は貴族の家族(トゥールーズとロートレックのカウントの子孫とMontfa、フランス南部のタルン部門の村とコミューンの子爵)のメンバーだった。弟はまた、1867年8月28日に家族に生まれたが、翌年死亡した。

弟の死の後、彼の両親を分離し、乳母は、この時間を通してアンリの世話をした。 8歳の時、アンリは、パリで彼の母親と一緒に暮らすために残しました。ここで彼は、運動ブックで彼の最初のスケッチや似顔絵を描き始めた。家族はすぐにアンリの才能は、描画とペイント、そしてルネPrinceteauは非公式のレッスンを与えるためにしばしば訪れたという彼の父の友人と一緒に置くことを認識するようになりました。アンリの初期の絵画のいくつかは、馬のPrinceteauの専門、と彼は後で彼の "サーカスの絵画"で訪問すること何かである。

彼の母親は彼の健康上の問題を認識したため、1875年にアンリは、アルビに戻った。彼はアメリ-les-Bainsので温泉を取り、彼の母は息子の成長と発展を向上させるための方法を見つけることを期待して医師に相談した。

自分自身が最初のいとこ(アンリの二つの祖母が姉妹である)とアンリは、先天性の健康状態の数に苦しんでいたコントとコンテスは、近親交配のこの伝統に起因する。

13歳の時、アンリは彼の右大腿骨を骨折し、14歳で、左。改行は適切に治癒しなかった。現代の医師が未知の遺伝性疾患、おそらく濃化異骨症​​(こともあるトゥールーズ·ロートレック症候群として知られている)、これを属性、またはバリアント大理石骨病の線に沿って疾患、軟骨無形成症、または骨形成不全症。早発の男性化で悪化した病も示唆されている。彼の足は大人として、彼は唯一の1.54メートル(5フィート1インチ)背が高かったので、成長するのをやめ、長い0.70メートル(27.5)であった彼の子供サイズの脚を、保持したまま、大人サイズの胴体を開発した。彼はまた、肥大した性器を持っていたことが報告されている。

一般的に彼の年齢の男性が楽しんで活動のほとんどに参加して物理的にできない、トゥールーズ·ロートレックは、彼の芸術に没頭。彼は重要なポスト印象派の画家、アールヌーボー、イラストレーター、そして石版になった;と彼の作品にパリで後半19世紀の自由奔放なライフスタイルの多くの詳細を記録した。トゥールーズ·ロートレックはまた、1890年代半ばの間にRire雑誌LEにイラストの数を貢献した。

最初に彼の大学入試に失敗した後、アンリは彼の二回目に合格し、彼の研究を完了した。ニースの彼の滞在中、彼が絶賛肖像画家レオン·ボナの下で、パリと研究に戻るようにするアンリの両親を説得して感動Princeteauを、ペイントおよび描画の彼の進歩。アンリの母は高い志を持っていて、ファッショナブルな、尊敬される画家になっアンリの目的で、彼女はボナのスタジオにアンリを取得するために、家族の影響を使用していました。

トゥールーズ·ロートレックは、モンマルトル、その自由奔放なライフスタイルや芸術家、作家、哲学者の溜まり場として有名なパリの領域に描かれた。ボナと一緒に勉強するには、モンマルトルの中心部に、彼は稀に、今後20年間放置しないというエリアをアンリを置いた。ボナは、新しい仕事を取った後、アンリは、1882年にフェルナンCormonのスタジオに移動し、さらに5年間学び、ここで彼は残りの人生を続けるだろう友人のグループを作る。それは彼の人生の中で彼は最初のエミール·ベルナール、ゴッホに会ったこの時期であった。その命令ボナのものより緩和されCormonは、描画する対象を探して、彼の生徒はパリを歩き回ることができました。この時期にトゥールーズ·ロートレックは評判彼の友人が主催し、これが、彼はモンマルトルの売春婦の彼の最初の絵を描くように導かれ、売春婦との彼の最初の出会いがあったが、女性はマリー·シャーロットと呼ばれるように噂。

彼の研究が終了すると、1887年に彼は偽名 "Tréclau"家族名 "ロートレック"のアナグラムでトゥールーズの博覧会に参加しました。彼は後にヴァン·ゴッホとルイAnquetinパリで展示した。ベルギーの評論家のオクターブのマウスは2月にブリュッセルでVingt(二十年代)展示会で11作品を提示するために彼を招待した。ヴィンセント·ヴァン·ゴッホの弟、テオ·ヴァン·ゴッホは、Goupil&シーギャラリーの150フランの価格で "プードル·デ·リズ"(米粉)を買いました。

1889年から1894年まで、アンリは、定期的に "独立した芸術家サロン"に参加しました。彼はモンマルトルのいくつかの風景を作った。それは "ムーラン·ルージュ"が開かれたことをこの時代であった。トゥールーズ·ロートレックは、カルメンゴーダン、洗濯屋(1888)に表示されるのと同じ赤い頭部モデルの良い戸外主義の絵画のシリーズを実行したムッシュペレフォレの庭園は、モンマルトルの奥深くに隠れていた。近くにはムーランルージュは、その扉を開いたときに、トゥールーズ·ロートレックは、ポスターのシリーズを生成するために委託された。彼の母親はパリを去ったとアンリはまだポスターは彼に彼自身の生活を提供しながら、彼の家族からの定期的な収入があった。他のアーティストは、仕事の上に見えたが、アンリは、彼が気にしませんでしたので、貴族であった。その後、キャバレーは彼のために席を予約し、彼の絵画を展示しました。の間で彼はムーランルージュや他のパリのナイトクラブのために描かれているよく知られている作品は歌手イヴェット·ギルベールの描写であり、 "フランスのカンカンを作成して法外なラGoulue("クズリ ")として知られるダンサールイーズウェーバー、 "と、はるかに微妙なダンサージャヌ·アヴリル。

アンリ·ド·トゥールーズ·ロートレックはAnglophilesの家族から来て、彼はふりとして流暢ではなかったものの、彼はロンドンへの旅行に十分に英語を話した。ポスターを作るビジネスは、 "紙吹雪"ポスターの制作​​につながったことを彼に仕事を得て、ロンドンにアンリを導き、自転車広告 "ラChaîneシンプソン。

それは彼が会って、オスカー·ワイルドを助けたことがロンドンの彼の時間の間にあった、とワイルドはイギリスで懲役に直面したとき、アンリは非常にボーカルの支持者であった。ワイルドのトゥールーズ·ロートレックの肖像画は、ワイルドの裁判と同じ年に行われました。

ロートレックは、しばしば彼の身長と物理的な外観のために嘲笑し、これは彼がアルコールで彼の悲しみを紛らすために導いた。最初にこれはただのビールとワインだったが、彼の好みは急速に拡大しました。彼はフランスワインの純​​粋主義者の国家である、アメリカンスタイルのカクテルを楽しんで顕著なパリジャンの一つであった。彼は金曜日の夜に彼の家でパーティーがあり、彼のゲストはそれらをしようと強制する。カクテル "地震"またはTremblement·デ·テッレの発明は、トゥールーズ·ロートレックに起因して、半アブサンと半分のコニャックを含む強力な混合物は、(ワインゴブレットで、3部アブサンと3部コニャック、時には氷を添えてまたはで振とうカクテルシェーカー)が氷で満たされた。

1893ロートレックのアルコール依存症は、その通行料を取り始める見て、彼の周りのものとして梅毒感染の噂があった彼の状態の深刻さを実現しました。最後に、1899年に、彼の母親と関係の友人のグループが、彼は簡潔に制度化されました。彼も、彼はすべての回で彼に飲み物を持っているができるようにアルコールを隠すこと杖を持つの長さに行っていた。

彼の大人の人生のほとんどのアルコールは、トゥールーズ·ロートレックは、彼の死の直前療養所に置かれた。彼は36歳の時にMalroméの家督でアルコール依存症や梅毒による合併症で死亡した。彼はVerdelais、ジロンド、彼が死んだシャトーMalroméから数キロに埋葬されている。

トゥールーズ·ロートレックの最後の言葉は伝えた: "ル·ヴューCON!" ( "古い愚か者!"、単語 "CON"はシンプルかつ下品な両方の面で意味することができますが)。これは彼の父に彼のお別れでした。別のバージョンが、彼は猟犬が獲物を殺す瞬間のために狩人で使用されている単語 "hallali"を使用して、と言っていたが、 "私はあなたの死を見逃すことがないであろうことを、パパ、知っていました。" ( "JE savais、パパ、QUEランデブーねmanqueriez PAS L'hallali")。

トゥールーズ·ロートレックの死後、彼の母親、コンテスアデルトゥールーズ·ロートレック、モーリス·ジョワイヤン、彼のアートディーラーは、彼の芸術を促進した。母親は彼の作品を収容するために、彼の出生地、アルビに作成する博物館のための資金を寄付しました。トゥールーズ·ロートレック美術館は現在、画家の作品の世界最大のコレクションを所有しています。

未満、20年スパンの彼のキャリア全体を通して、トゥールーズ·ロートレックは737のキャンバス、275水彩画、363版画やポスター、5084図面、いくつかのセラミックとステンドグラスの作品、失われた作品の数は不明を作成しました。印象派への彼の債務は、特に多くの比喩的な画家のマネやドガは、明らかである。彼のスタイルは、パリのアート界で人気となった日本の古典woodprintsの影響を受けていた。トゥールーズ·ロートレックの作品にフォーリー·ベルジェールとドガの舞台裏バレエダンサーで、バーではマネの切り離されたホステスに多くの類似点を見ることができます。彼は派手なナイトライフに存在する色と動きで、自分の作業環境での人物撮影に優れていたけど魅力が取り除か。彼は、数字は非常に個別化されているキャプチャ群衆シーンで見事でした。それらが描かれた時点で、彼の大きな絵の個々の数値は、単独でシルエットで識別することもできますが、これらの文字の多くの名前が記録されている。彼の主題の彼の治療、肖像画、パリのナイトライフのシーンや、親密な研究など​​かどうかは、交感神経と冷静の両方として記載されている。

非常に直線的で、輪郭に大きな重点を与え、彼の絵画様式に依存して人々のトゥールーズ·ロートレックの熟練した描写。彼はしばしば、多くの場合それらは透け塗装されているボードの多くを残して長い、細い筆で塗料を適用した。彼の作品の多くは最高の色の塗料で図面として記述することができます。

>アンリ・ド・トゥルーズ=ロートレック(ロトレック)(Henri de Toulouse-Lautrec, 1864年11月24日 - 1901年9月9日)は、19世紀のフランスの画家。日本では慣習的に「ロートレック」で呼ばれるが、正しくは「トゥルーズ=ロートレック(ロトレック)」でひとつの姓である。

南仏のアルビで生まれる。トゥールーズ=ロートレックの生家は、フランスの名家であり、伯爵家である。祖先は9世紀のシャルルマーニュ時代までさかのぼることができる。父のアルフォンス伯は、奇妙な服装をするなど、変わり者で有名であった。

トゥールーズ=ロートレックは、幼少期には「小さな宝石(プティ・ビジュー、仏: Petit Bijou)」と呼ばれて家中から可愛がられて育ったが、13歳の時に左の大腿骨を、14歳の時に右の大腿骨をそれぞれ骨折したために脚の発育が停止し、成人した時の身長は152cmに過ぎなかった。胴体の発育は正常だったが、脚の大きさだけは子供のままの状態であり、現代の医学者はこの症状を骨粗鬆症や骨形成不全症といった遺伝子疾患と考えている。脚の不自由だった彼は、しばしば疾走する馬の絵を描いている。

1882年にパリに出て、当初はレオン・ボナの画塾で学んだが、まもなくして画塾が閉鎖されたため、モンマルトルにあったフェルナン・コルモンの画塾に移り、以後は晩年まで同地で活動するようになった。なお、コルモンの画塾ではファン・ゴッホ、エミール・ベルナールらと出会っている。

絵画モデルであった、マリー=クレマンチーヌ・ヴァラドン(後のシュザンヌ・ヴァラドン)のデッサンの才能を高く評価し、彼女が画家となるきっかけを作った。彼女をシュザンヌと呼び始めたのもトゥールーズ=ロートレックである。

画家自身が身体障害者として差別を受けていたこともあってか、娼婦、踊り子のような夜の世界の女たちに共感。パリの「ムーラン・ルージュ(赤い風車、仏: Moulin Rouge)」をはじめとしたダンスホール、酒場などに入り浸り、デカダンな生活を送った。そして、彼女らを愛情のこもった筆致で描いた。作品には「ムーラン・ルージュ」などのポスターの名作も多く、ポスターを芸術の域にまで高めた功績でも美術史上に特筆されるべき画家であり、「小さき男(プティ・トム、仏: Petit Homme)、偉大なる芸術家(グラン・タルティスト、仏: Grand Artiste)」と形容される。

かれのポスターやリトグラフは日本美術から強い影響を受けており、自身のイニシャルを漢字のようにアレンジしたサインも用いた。

アブサンなどの長年の飲酒により体を壊した上、梅毒も患ってトゥールーズ=ロートレックは次第に衰弱していった。サナトリウムに短期間滞在した後の1901年8月20日にパリを発って母のもとへ行き、同年9月9日、自邸のマルロメ城で母に看取られ脳出血で死去した。36歳。城の近くのヴェルドレに埋葬された。

なお、トゥールーズ=ロートレックを扱った映画としては1952年のアメリカ映画『赤い風車』、1999年のフランス映画『葡萄酒色の人生』などがある。

海岸で排泄をしている写真が現存する。

 Henri Marie Raymond de Toulouse-Lautrec-Monfa or simply Henri de Toulouse-Lautrec (French pronunciation: ​[ɑ̃ʁi də tuluz loˈtʁɛk] 24 November 1864 – 9 September 1901) was a French painter, printmaker, draughtsman, and illustrator, whose immersion in the colourful and theatrical life of Paris in the late 1800s yielded a collection of exciting, eleg...

 Henri Marie Raymond de Toulouse-Lautrec-Monfa or simply Henri de Toulouse-Lautrec (24 November 1864 - 9 September 1901) was a French painter, printmaker, draughtsman, and illustrator, whose immersion in the colourful and theatrical life of fin de siècle Paris yielded an œuvre of exciting, elegant and provocative images of the modern and sometimes d...

 Henri de Toulouse-Lautrec, né le 24 novembre 1864 à Albi et mort le 9 septembre 1901 au château Malromé, est un peintre et lithographe français de la fin du XIXe siècle. Fils du comte Alphonse de Toulouse-Lautrec-Monfa (1838-1913) et d'Adèle Tapié de Celeyran (1841-1930), il grandit entre Albi, le château du Bosc (demeure de ses grands-parents) et ...

 Граф Анри́ Мари́ Раймо́н де Тулу́з-Лотре́к-Монфа́ (фр. Henri Marie Raymond comte de Toulouse-Lautrec Monfa [ɑ̃ʁi də tuluz loˈtʁɛk] 24 ноября 1864, Альби — 9 сентября 1901, замок Мальроме, Жиронда) — французский художник-постимпрессионист из графского рода Тулуз-Лотреков, мастер графики и рекламного плаката. Анри де Тулуз-Лотрек родился 24 ноября 1...

 Henri Marie Raymond de Toulouse-Lautrec-Monfa, né le 24 novembre 1864 à Albi et mort le 9 septembre 1901 au château Malromé, est un peintre et lithographe français de la fin du XIXe siècle. Jeunesse Fils d'Alphonse, comte Alphonse de Toulouse-Lautrec-Monfa (1838-1913) et d'Adèle Tapié de Celeyran (1841-1930), il grandit entre Albi, le château du Bo...

 Henri Marie Raymond de Toulouse-Lautrec-Monfa (* 24. November 1864 in Albi † 9. September 1901 auf Schloss Malromé, Gironde) war ein französischer Maler und Grafiker des Post-Impressionismus im ausgehenden 19. Jahrhundert. Berühmt geworden ist er für die Plakate, die er unter anderem für das Pariser Varieté Moulin Rouge am Montmartre anfertigte. H...

 Henri Marie Raymond de Toulouse-Lautrec-Monfa oder einfach Henri de Toulouse-Lautrec (24 November 1864 - 9. September 1901) war ein Französisch Maler, Grafiker, Zeichner und Illustrator, dessen Eintauchen in die bunte und Theaterleben des Fin de Siècle Paris ergab ein œuvre von spannenden, elegant und provokativen Bildern der modernen und manchmal ...

 Henri de Toulouse-Lautrec (Albi, 24 novembre 1864 – Saint-André-du-Bois, 9 settembre 1901) è stato un pittore francese, tra le figure più significative dell'arte del tardo Ottocento. Divenne un importante artista post-impressionista, illustratore e litografo e registrò nelle sue opere molti dettagli dello stile di vita bohémien della Parigi di fine...

 Henri Marie Raymond de Toulouse-Lautrec-Monfa o semplicemente Henri de Toulouse-Lautrec (24 novembre 1864 - 9 settembre 1901) è stato un pittore francese, incisore, disegnatore e illustratore, la cui immersione nella vita colorata e teatrale di fin de siècle Paris ha prodotto un'opera di immagini emozionanti, elegante e provocatorio della vita mode...

 Henri Marie Raymond de Toulouse-Lautrec-Monfa o, simplemente, Henri de Toulouse-Lautrec (24 noviembre 1864 a 9 septiembre 1901) fue un pintor francés, grabador, dibujante e ilustrador, cuya inmersión en la vida de colores y de teatro de fin de siglo en París produjo una obra de imágenes emocionantes, elegante y provocativa de la vida moderna y deca...

 Henri Marie Raymond de Toulouse-Lautrec-Montfa, conde de Toulouse-Lautrec-Montfa, conocido simplemente como Toulouse Lautrec o Lautrec (Hôtel du Bosc, Albi, 24 de noviembre de 1864 - Malromé, 9 de septiembre de 1901) fue un pintor y cartelista francés que se destacó por su representación de la vida nocturna parisiense de finales del siglo XIX. Se l...

 Анри Мари Раймон де Тулуз-Лотрек-Monfa или просто Анри де Тулуз-Лотрек (24 ноября 1864 - 9 сентября 1901), французский живописец, гравер, рисовальщик, и иллюстратор, чьи погружение в красочную и театральной жизни конца века в Париже дали творчество интересно, элегантные и провокационные образы современных, а иногда и декадентской жизни тех времен. ...

 亨利·德·土魯斯-羅特列克(Henri Marie Raymond de Toulouse-Lautrec-Monfa,簡稱Henri de Toulouse-Lautrec,1864年11月24日-1901年9月9日),法國貴族、後印象派畫家、近代海報設計與石版畫藝術先驅,為人稱作「蒙馬特之魂」。羅特列克承襲印象派畫家奧斯卡-克勞德·莫內、卡米耶·畢沙羅等人畫風,以及日本浮世繪之影響,開拓出新的繪畫寫實技巧。他擅長人物畫,對象多為巴黎蒙馬特一帶的舞者、女伶、妓女等中下階層人物。其寫實、深刻的繪畫不但深具針砭現實的意涵,也影響日後巴勃罗·毕加索等畫家的人物畫風格。 在繪畫上的成就以外,羅特列克以新概念創作之彩色海報帶動了海報設計的創新;他使用當時少用的石版畫技術,捨棄傳統西方繪畫的透視法,轉...

 玛丽· 雷蒙德· 亨利· 图卢兹 - 劳特累克Monfa或简单的亨利· 德· 图卢兹 - 劳特累克(1864年11月24日 - 1901年9月9日)是一位法国画家,版画家,制图员,插画,其浸泡在巴黎世纪末的丰富多彩的文艺生活产生了一个令人兴奋的,优雅的和挑衅性的图像这些次现代化,有时颓废生活的全部作品。图卢兹 - 劳特累克与塞尚,梵高,高更被称为后印象派时期最伟大的画家之一。成立香格里拉blanchisseuse,一个年轻的洗衣妇的早期绘画,22.4亿美元出售美国在2005年在克里斯蒂拍卖行拍卖的新纪录 玛丽· 雷蒙德· 亨利· 图卢兹 - 劳特累克,Monfa出生在法国南部 - 比利牛斯地区附近...

 Henri Marie Raymond de Toulouse-Lautrec-Monfa ou simplesmente Henri de Toulouse-Lautrec (24 de novembro de 1864 - 9 de Setembro de 1901) foi um pintor francês, gravador, desenhista e ilustrador, cuja imersão na vida colorida e teatral de fin de siècle Paris produziu uma obra de imagens emocionantes, elegante e provocante da vida moderna e, por veze...

 Henri Marie Raymond de Toulouse-Lautrec Monfa (Albi, 24 de Novembro de 1864 — Saint-André-du-Bois, 9 de Setembro de 1901) foi um pintor pós-impressionista e litógrafo francês, conhecido por pintar a vida boêmia de Paris do final do século XIX. Sendo ele mesmo um boêmio, faleceu precocemente aos 36 anos de sífilis e alcoolismo. Trabalhou por menos d...