US: +1 (707) 877-4321 FR: +33 977-198-888

English Français Deutsch Italiano Español Русский 中国 Português 日本

お気に入り マイカート

年無題 634 バイ Diego Rivera (1886-1957, Mexico)

送料無料となります。返品無料 すべての時間。詳細を参照してください。

Diego Rivera

ディエゴマリアデラコンセプシオンフアンネポムセノEstanislaoデラリベラY Barrientosアコスタyのロドリゲ​​スは、(1886年12月8日 - 1957年11月24日)グアナファト、グアナファト、アクティブな共産主義で生まれた著名なメキシコの画家であり、フリーダカーロ(1929年の夫 - 1939年と1940年から1954年)。フレスコ画の彼の大きな壁の作品はメキシコの壁画のルネッサンスを確立する助け。 1922年から1953年にかけて、リベラはメキシコシティ、チャピンゴ、クエルナバカ、サンフランシスコ、デトロイト、そしてニューヨーク市でとりわけ壁画を描いた。 1931年に、彼の作品の回顧展がニューヨーク近代美術館で開催されました。

ディエゴリベラは裕福な家族にグアナファト、グアナファト、で生まれた。リベラはスペインの貴族から、彼の父の側に降りていた。ディエゴは、彼らが生まれた二年後に死亡したカルロス、という名前の双子の兄弟を持っていた。 10歳から、リベラはメキシコシティのサンカルロスのアカデミーで美術を学んだ。彼はオドロA. Dehesaメンデス、ベラクルス州の知事がヨーロッパで研究を継続して開催された。

1907年にヨーロッパに到着した後、リベラは当初マドリード、スペインのエドゥアルドChicharroと一緒に勉強に行き、そしてそこから、特にラルーシャで、住んでいるとモンパルナスの芸術家の偉大な集まりで動作するように、パリ、フランスへ行ったところ、彼の友人アメデオモディリアーニは1914年に彼の肖像画を描いた。イリヤエレンブールグ、シャイムスーチン、アマモディリアーニとモディリアーニの妻ジャンヌHébuterne、マックスジャコブ、ギャラリーオーナーレオポルドZborowski、とモイーズキスリングを付属の親しい友人の彼のサークルは、、"彼女の絵のマリーVorobieff - Stebelska(Marevna)によって後世のために捕獲されたモンパルナスからフレンズ"(1962)へのオマージュ。

それらの年に、パリではピカソやジョルジュブラックなどの著名な画家による絵画のキュビスムの始まりを目撃した。 1913年から1917年に、リベラは熱狂的に芸術のこの新しい学校を採用。 1917年頃、ポールセザンヌの絵画に触発された、リベラはシンプルな形と鮮やかな色の大きなパッチをポスト印象主義にシフト。彼の絵画は注目を集めるようになった、と彼はいくつかの展示会でそれらを表示することができた。

1920年、アルベルトJ.パニ、フランスにメキシコ大使によって求めた、リベラはフランスを離れ、ルネサンスのフレスコ画を含め、その芸術を勉強し、イタリアを旅する。ホセヴァスコンセロスが文部大臣になった後、リベラはヴァスコンセロスによって計画された政府主催のメキシコの壁画のプログラムに関与して1921年にメキシコに戻った。 (また、メキシコのMuralismを参照してください。)プログラムは、ホセクレメンテオロスコ、デビッドアルファロシケイロス、およびフィーノタマヨ、とフランス人アーティスト、ジャンシャルロのようなメキシコの芸術家を含む。 1922年1月に、彼は塗装 - 実験的に焼き付けに - メキシコシティの国立予備校のボリバル講堂で彼の最初の重要な壁画の作成を右翼学生に対してピストルで自分をガードしながら。

1922年の秋には、リベラは技術労働者、画家や彫刻家の革命連合の設立に参加し、後でその年、彼はメキシコの共産党を(その中央委員会を含む)に入社。その後、唯一のフレスコ画で描かれた彼の壁画は、メキシコの社会に対処し、国の1910年革命を反映している。リベラは、大規模な、簡略化した図や百二十から四フレスコ画で構成されることを意図1922年9月に始まったメキシコシティの公教育の事務局、の壁画に明らかに存在アステカ影響力を持つ大胆な色に基づいて彼自身のネイティブスタイルを開発し、 1928年に完成。

彼の芸術は、マヤの石碑に類似した方法で、物語を伝えます。壁画"エンエルアーセナルは、"(アーセナルの)右辺ティナModottiは弾薬のベルトを保持し、黒い帽子の後ろに光の帽子のフリオアントニオメリャ、、とヴィットリオVidaliが直面しているに表示されます。しかし、示さエンエルのアーセナルの詳細は、右に記載の側でも述べたように3人のいずれかが含まれていません。リベラの急進的な政治信条、教会や聖職者への攻撃だけでなく、Trotskyistsと左翼の暗殺者との取引は、共産界でも彼の論争のフィギュア作った。メキシコに亡命しながらレオントロツキーは、数ヶ月間、リベラとカーロと住んでいた。リベラの最も有名な壁画の一部は、クエルナバカのコルテス宮殿(1929年〜1930年)、そしてメキシコシティの国立宮殿(1929年から1930年、1935)で、テスココ近くチャピンゴ(1925年〜1927年)で農業の国立学校でご利用いただけます。

1927年の秋には、リベラは10月革命の10周年のお祝いに参加する招待を受け入れ、モスクワに到着した。その後、彼はモスクワの赤の軍クラブの壁画を描くことだったが、1928年に彼があるため反ソ連政治への関与の当局によって命じられた、と彼はメキシコに戻った。 1929年、リベラはメキシコ共産党から追放された。アーセナルで彼の1928壁画は、容疑者はスターリン主義の暗殺者ヴィットリオVidaliでフリオアントニオメリャの殺人のリベラの事前知識の証拠のようないくつかによって解釈された。離婚グアダルーペ(ルーペ)マリンの後、リベラは、8月、1929年にフリーダカーロと結婚。また、1929年、リベラ、ディエゴリベラのアメリカ人ジャーナリストアーネスエヴァンスのフレスコ画、上の最初の英語の本はニューヨークに掲載されました。 12月、リベラの
アメリカの大使からメキシコへのクエルナバカのコルテスの宮殿で壁画をペイントするコミッションを受け入れた。

1930年9月では、リベラはサンフランシスコ、カリフォルニア州で彼のためにペイントする建築家ティモシーL. Pfluegerからの招待を受け入れた。カーロを伴う11月に到着後、リベラは、2,500米ドルのためのサンフランシスコ証券取引所のシティクラブの壁画や美術のカリフォルニアの学校のためのフレスコ画を描いた後、サンフランシスコで今ディエゴリベラのギャラリーが何であるかに移転アートインスティテュート。カーロとリベラが働き、Pfluegerにリベラを示唆していたラルフStackpoleのスタジオに住んでいた。リベラは彼の都市のクラブの壁画のためにモデル化されたヘレンウィルスムーディ、有名なテニス選手に会った。 1931年11月に、リベラはニューヨークの近代美術館で回顧展があった。カーロは、ニューヨーク近代美術館のショーのオープニングで存在していた。 1932年と1933年の間に、彼は芸術のデトロイト協会で中庭の壁にデトロイトの産業と題さ二十から七フレスコ画パネルの有名なシリーズを完成。 1950年代のマッカーシズムの間に、大きな看板は次のように彼の政治を攻撃しながら壁画の芸​​術的価値を擁護する中庭に置かれた"憎むべき。"

騒動はそれが含まれているレーニンの肖像画以上の記者に噴火した後にニューヨーク市のロックフェラーセンターのために1933年に始まった岐路に立つ彼の壁画の男は、、削除されました。アメリカの詩人アーチボルドMacLeishは壁画について、6つの"皮肉を含んだ"詩を書いた。ニューヨーカー誌は、EBホワイトの詩":芸術性のバラード私は何を参照してくださいペイント"を発行。否定的な宣伝の結果として、さらに委員会は、シカゴ世界博覧会での展覧会のために壁画を描くためにキャンセルされました。リベラは、お金でロックフェラーセンターで壁画の委員会から残っている声明を発表した(壁画はおそらく破壊されたものの、彼は完全に支払われました。噂では、壁画が実際以上の対象ではなく、倒され、破壊されていることを浮かべている。)お金が尽きるまで、彼は尋ねられた場所で、彼は同じ壁画を上に描画し、以上になります。

1933年12月に、リベラはメキシコに戻り、彼はメキシコシティのパラシオデBellas Artesので、1934年に岐路に立つ男を再描画。この生存バージョンは、Man、宇宙のコントローラと呼ばれていました。 Pfluegerで再び招待1940年6月5日、で、リベラは、サンフランシスコのゴールデンゲート国際博覧会は10倍のパネル壁画を描くために、米国への最後の時間のために返される。パンアメリカンUnityは1940年11月29日に完成した。彼がペイントしたように、リベラは、博覧会の参加者の前で展示されていました。彼は月あたり1,000米ドルと旅費のための1,000米ドルを受け取りました。壁画はPfluegerの建築作品の二つだけでなく、カーロ、木彫りダドリーC.カーター、そしてそれらが一緒に白の木を植えるようにリベラの手を握って描かれている女優ポーレットゴダード、の肖像画の表現が含まれています。壁画でリベラのアシスタントは、パイオニアのアフリカ系アメリカ人アーティスト、ダンサー、そしてテキスタイルデザイナーテルマジョンソンStreatが含まれています。壁画とそのアーカイブは、サンフランシスコのシティカレッジで存在する。

彼はちょうど今年、彼の双子の兄弟の死の後、わずか3歳の時リベラは描き始めた。彼は壁に描くキャッチされていた。彼の両親は、むしろ彼を罰することよりも、利用できるように、若い画家のために壁に黒板とキャンバスを設置。

大人として、リベラは、少なくとも一つの非嫡出子の父親していた悪名高い女たらしだった。彼は1911年にアンジェリーナベロフと結婚し、彼女は息子、ディエゴ(1916〜1918)を出産した。リベラはアンジェリーナ(:ディエゴリベラとアンジェリーナの回想録Memoriasと呼ばれるテン乱流年橋の上ハウスによると)と結婚したときにマリアVorobieff - Stebelskaは、1918年または1919年にマリカという​​名前の娘を出産した。ルースとグアダルーペ:彼は二人の娘をもうけたと、1922年6月に彼の二番目の妻、グアダルーペマリンと結婚しました。彼は美術学生フリーダカーロに会った時彼はまだ結婚していた。彼が42歳のとき、彼らは1929年8月21日に結婚し、彼女は22だった。それらの相互infidelitiesと彼の激しい気性は、1939年に離婚につながったが、彼らはサンフランシスコで1940年12月8日に再婚した。リベラは後一年間カーロの死の後、1955年7月29日にエマウルタド、1946年以来、彼の代理人が、結婚した。彼は1957年11月24日に死亡した。

リベラは無神論者でした。アラメダの日曜日の彼の壁画の夢はイグナシオラミレスは"神は存在しない"、読み記号を保持している描写。この作品は、騒動を引き起こしたが、リベラは碑文を削除することを拒否した。絵は9年間では表示されませんでした - リベラは碑文を削除することに合意した後。彼は述べた:""神は存在しない"、私はドンイグナシオラミレスの後ろに隠れる必要がないと断言するために、私は無神論者だと私は宗教が集団神経症の形であると考えている。"

 Diego María de la Concepción Juan Nepomuceno Estanislao de la Rivera y Barrientos Acosta y Rodríguez (December 8, 1886 - November 24, 1957) was a prominent Mexican painter born in Guanajuato, Guanajuato, an active communist, and husband of Frida Kahlo (1929-1939 and 1940-1954). His large wall works in fresco helped establish the Mexican Mural Renai...

 Diego María de la Concepción Juan Nepomuceno Estanislao de la Rivera y Barrientos Acosta y Rodríguez (Décembre 8, 1886 - Novembre 24, 1957) était un peintre éminent mexicaine née à Guanajuato, une activité communiste, et le mari de Frida Kahlo (1929 - 1939 et 1940-1954). Ses œuvres grand mur à fresque de la Renaissance a aidé à établir muraliste me...

 Diego María de la Concepción Juan Nepomuceno Estanislao de la Rivera y Barrientos Acosta y Rodríguez (8. Dezember 1886 - 24. November 1957) war ein bekannter mexikanischer Maler in Guanajuato, eine aktive Kommunistin, und Ehemann von Frida Kahlo geboren (1929 - 1939 und 1940 bis 1954). Seine großen Wandarbeiten in Fresko half bei der Gründung der m...

 Diego Rivera il cui nome completo era Diego María de la Concepción Juan Nepomuceno Estanislao de la Rivera y Barrientos Acosta y Rodríguez (Guanajuato, 8 dicembre 1886 – Città del Messico, 24 novembre 1957) è stato un pittore e muralista messicano, famoso per la tematica sociale delle sue opere realizzate in gran parte in edifici pubblici (soprattu...

 Diego María de la Concepción Juan Nepomuceno Estanislao de la Rivera y Barrientos Acosta y Rodríguez (8 dicembre 1886 - 24 NOVEMBRE 1957) è stato un importante pittore messicano nato a Guanajuato, Guanajuato, un attivo comunista, e marito di Frida Kahlo (1929 - 1939 e 1940-1954). Le sue opere grande parete a fresco ha contribuito alla creazione del...

 Diego María de la Concepción Juan Nepomuceno Estanislao de la Rivera y Barrientos Acosta y Rodríguez (8 diciembre 1886-24 noviembre 1957) fue un destacado pintor mexicano nacido en Guanajuato, Guanajuato, un militante comunista, y el marido de Frida Kahlo (1929 - 1939 y 1940-54). Sus obras de pared grande al fresco ayudó a establecer el Renacimient...

 Диего Мария де ла Консепсьон Хуан Непомусено Эстанислао де ла Ривера у Баррьентос Акоста у Родригес (8 декабря 1886 - 24 ноября, 1957) был выдающимся мексиканским художником родился в Гуанахуато, Гуанахуато, активный коммунист, и муж Фриды Кало (1929 - 1939 и 1940-1954). Его крупные произведения стене фреска помогла установить мексиканский Ренессан...

 迭戈玛丽亚DE LA康塞普西翁娟Nepomuceno Estanislao DE LA里维拉ÿ Barrientos阿科斯塔ÿ罗德里格斯(12月8日,1886年 - 1957年11月24日)是一位著名的墨西哥的画家,出生在瓜纳华托州,瓜纳华托,积极的共产主义,和Frida Kahlo的丈夫(1929 - 1939年和1940年至1954年)。他在露天的大墙工程,帮助建立了墨西哥壁画文艺复兴。 1922年至1953年,里维拉彩绘壁画,其中包括在墨西哥城,查宾戈,库埃纳瓦卡,旧金山,底特律和纽约市。 1931年,他的作品回顾展在纽约现代艺术博物馆举行。 瓜纳华托州,瓜纳华托,迭戈里维拉出生于一个富裕的家庭。里维拉的祖先在父亲的身边,从西班牙贵族。圣地亚哥有一个名叫卡洛斯,谁死了,两年后,他们出生...

 Diego Rivera, de nome completo Diego María de la Concepción Juan Nepomuceno Estanislao de la Rivera y Barrientos Acosta y Rodríguez (Guanajuato, 8 de dezembro de 1886 - San Ángel, Cidade do México, 24 de novembro de 1957), de origem judaica, foi um dos maiores pintores mexicanos. Desde criança sempre quis ser pintor e todos percebiam ter talento pa...

 Diego María de la Concepción Juan Nepomuceno Estanislao de la Rivera y Barrientos Acosta y Rodríguez (08 de dezembro de 1886 - 24 de novembro de 1957) foi um pintor de destaque mexicano nascido em Guanajuato, Guanajuato, um comunista ativo, e marido de Frida Kahlo (1929 - 1939 e 1940-1954). Suas obras grande parede em fresco ajudou a estabelecer a ...