US: +1 (707) 877-4321 FR: +33 977-198-888

English Français Deutsch Italiano Español Русский 中国 Português 日本

お気に入り マイカート

小さい 自画像 で `walchensee`, キャンバス年石油 バイ Lovis Corinth (Franz Heinrich Louis) (1858-1925, Netherlands)

送料無料となります。返品無料 すべての時間。詳細を参照してください。

Lovis Corinth (Franz Heinrich Louis)

ロヴィスコリント(1858年7月21日 - 1925年7月17日)は、その成熟した作品印象派や表現主義の合成を実現したドイツの画家と版画家だった。

コリントは、後でグループの社長としてマックスリーバーマンの後任、ベルリン分離派グループに参加し、パリとミュンヘンに留学。彼の初期の作品はアプローチで自然だった。コリントは、表現主義運動に向かって最初に拮抗であったが、1911年に脳卒中後の彼のスタイルは緩め、多くの表現派の資質を引き受けた。色の彼の使用は、より鮮やかになり、彼は肖像画と並外れた活力とパワーの風景を作成しました。コリントの主題はまた、ヌードや聖書の場面が含まれています。

コリントはTapiau(Gvardeysk)、プロイセン州、プロイセン王国で生まれた。描画のための早期の才能を見せ、彼は当時のヨーロッパの前衛美術の中心地としてパリ​​に匹敵1880年に美術ミュンヘンのアカデミーに出席した。そこに彼はミュンヘン芸術家ヴィルヘルムライブルとヴィルヘルムトリューブナーによってその解釈を通じて、クールベとバルビゾン派の影響を受けていた。コリントは、その後、彼はアカデミージュリアンでウィリアムアドルフブグローに師事、パリを訪れた。

1891年、コリントはミュンヘンに戻ったが、1892年に、彼はミュンヘンのアカデミーを放棄し、最初のSezessionに参加しました。 1894年に彼は自由連合に加わり、そして1899年に彼は、ベルリンの分離派が主催する展示会に出展しました。ミュンヘンでのこれらの9年間は、彼の最も生産的ではなかった、と彼はおそらくより良い赤ワインとシャンパンを大量に飲むために彼の能力のために知られていた。

コリントは、1900年にベルリンに移り、そしてポールカッシーラーが所有するギャラリーでの個展がありました。 1902年に43歳で、彼は女性のための絵画の学校を開設し、彼の最初の学生、シャーロットBerend、約20年、彼の後輩と結婚した。シャーロットは、彼の若々しいミューズ、彼の精神的なパートナー、そして彼の二人の子供の母である。彼女は彼に大きな影響を与え、そして家族の生活は、彼の芸術の主要なテーマとなった。

1911年12月に、彼は脳卒中を起こし、部分的に彼の左側に麻痺していた。彼の妻の助けを借りて、一年以内に彼は右手で再び絵を描いていた。それは、風景が彼の全作品の重要な一部となったことが現時点であった。これらの風景はWalchensee、コリントの家を所有しているバイエルンアルプスの湖に設定した。彼らの生き生きと描きは、明るい色で、多くは彼の最高の作品としてWalchenseeシリーズを検討して誘惑。 1915年から1925年から、彼はベルリンの分離派の会長を務めました。

コリントはアクアチントを除くすべての印刷技術を探求、彼はドライポイントとリソグラフィを支持した。彼は1894年に1891年に彼の最初のエッチングと彼の最初のリトグラフを作成しました。彼は、木版画培地で実験が1919年から1924年の間にわずか12木版画、それらのすべてを作った。彼は非常に多作であり、彼の人生の過去15年間に彼は60の自画像を含む900以上のグラフィック作品を、作り出した。彼は1919年から1925年の間に作成された風景は、おそらく彼の全体のグラフィックの全作品の中で最も望ましいイメージです。彼は多くの自画像を描き、そして自己検査の手段として彼の誕生日に毎年絵画つの習慣を作った。彼の自画像の多くに彼はそのような装甲騎士(ビクター、1910)、またはサムソン(盲目サムソン、1912年)として装いを想定。 1924年の自画像は、近代美術館、ニューヨーク市の博物館にある。

1921年3月15日にコリントはケーニヒスベルク大学から名誉博士号を受けた。 1925年、彼は彼のお気に入りのオランダの巨匠たちの作品を表示するには、オランダを訪れました。彼は肺炎を捕まえて、ザントフォールトで死亡した。 1910年にコリントは彼の出生地、Tapiauの教会の祭壇のための絵画のGolgathaを寄付していた。第二次世界大戦の終わりには、赤軍軍が東プロイセンに侵攻したとき、この絵は跡形もなく姿を消した。 Tapiauは、戦争で荒廃しないいくつかの東プロイセンの場所間にあった。コリントの生家は今Gvardeysk、カリーニングラードのサハリン州である町、のままです。

 Lovis Corinth (21 July 1858 - 17 July 1925) was a German painter and printmaker whose mature work realized a synthesis of impressionism and expressionism. Corinth studied in Paris and Munich, joined the Berlin Secession group, later succeeding Max Liebermann as the group's president. His early work was naturalistic in approach. Corinth was initiall...

 Lovis Corinth (21 July 1858 – 17 July 1925) was a German painter and printmaker whose mature work realized a synthesis of impressionism and expressionism. Corinth studied in Paris and Munich, joined the Berlin Secession group, later succeeding Max Liebermann as the group's president. His early work was naturalistic in approach. Corinth was initiall...

 Lovis Corinth (21 Juillet 1858 à 1817 Juillet 1925) était un peintre et graveur allemand, dont matures travail réalisé une synthèse de l'impressionnisme et l'expressionnisme. Corinthe a étudié à Paris et à Munich, a rejoint le groupe Sécession de Berlin, plus tard, succédant à Max Liebermann en tant que président du groupe. Ses premiers travaux nat...

 Franz Heinrich Louis Corinth dit Lovis Corinth (né le 21 juillet 1858 à Tapiau en Prusse-Orientale - mort le 17 juillet 1925 à Zandvoort aux Pays-Bas) est un artiste-peintre allemand. On considère généralement son œuvre comme une synthèse réussie entre l'impressionnisme et l'expressionnisme. Lovis Corinth fut marié à la peintre Charlotte Berend-Cor...

 Lovis Corinth (21. Juli 1858 - 17. Juli 1925) war ein deutscher Maler und Grafiker, dessen reifes Werk realisiert eine Synthese von Impressionismus und Expressionismus. Corinth studierte in Paris und München, Mitglied der Berliner Secession-Gruppe, später Nachfolger Max Liebermann als Präsident der Gruppe. Seine frühen Arbeiten wurden in Ansatz nat...

 Lovis Corinth (* 21. Juli 1858 in Tapiau, Ostpreußen † 17. Juli 1925 in Zandvoort, Niederlande eigentlich Franz Heinrich Louis Corinth) war ein deutscher Maler. Neben Max Liebermann, Lesser Ury und Max Slevogt zählt er zu den wichtigsten und einflussreichsten Vertretern des deutschen Impressionismus. Allerdings werden vor allem seine späten Werke...

 Lovis Corinth (21 luglio 1858 - 17 luglio 1925) è stato un pittore e incisore tedesco il cui matura opera realizzata una sintesi di impressionismo e l'espressionismo. Corinto studiato a Parigi e Monaco di Baviera, entra nel gruppo della Secessione di Berlino, successe Max Liebermann come presidente del gruppo. I suoi primi lavori fu naturalistica d...

 Lovis Corinth (Tapiau, 21 luglio 1858 – Zandvoort, 17 luglio 1925) è stato un pittore tedesco. Nato nella Prussia orientale, dopo aver compiuto i primi studi all'accademia di Königsberg, nel 1880 cominciò a frequentare l'Accademia di Monaco di Baviera, che a quel tempo rivaleggiava con Parigi come centro dell'arte d'avanguardia in Europa. Nel 1884 ...

 Lovis Corinth (julio 21, 1858 hasta julio 17, 1925) fue un pintor y grabador alemán, cuya madura trabajo realizado una síntesis del impresionismo y el expresionismo. Corinto estudió en París y Munich, se unió al grupo de la Secesión de Berlín, más tarde Max Liebermann éxito como presidente del grupo. Sus primeros trabajos fue en el enfoque naturali...

 Lovis Corinth (21 de julio de 1858, Tapiau (Gvardeysk), Prusia -17 de julio de 1925, Zandvoort, Holanda) fue un pintor, grabador y escultor alemán cuyo trabajo maduro realizó una síntesis del impresionismo y expresionismo. Corinth estudió en París y Múnich, y fue uno de los representantes del movimiento artístico Sezession (Secesión de Berlín). Su ...

 Ловис Коринф (21 июля 1858 - 17 июля 1925) был немецкий живописец и гравер чьи зрелые работы реализован синтез импрессионизма и экспрессионизма. Коринф учился в Париже и Мюнхене, присоединился к группе Берлине Сецессиона, позже последующие Макса Либермана на пост президента группы. Его ранняя работа была натуралистического подхода. Коринф был перво...

 Ловис Коринт (нем. Lovis Corinth, полное имя Франц Генрих Луис Коринт 21 июля 1858, Тапиау (Восточная Пруссия), ныне Гвардейск — 17 июля 1925, Зандвоорт) — немецкий художник. Наряду с Максом Либерманом, Лессером Ури и Максом Слефогтом относится к наиболее видным представителям немецкого импрессионизма, хотя его последние работы часто считаются син...

 Lovis科林斯(1858年7月21日 - 1925年7月17日)是德国画家和版画家,其成熟的工作,实现了合成的印象派和表现。 科林斯曾在巴黎和慕尼黑,柏林分裂集团的加入,后来接替最大利伯曼作为该集团的总裁。他的早期作品是自然的方法。科林斯是最初对表现主义运动对立的,而是在1911年中风后,他的风格放松了许多表现主义的素质。他使​​用的颜色变得更有活力,他创造了非凡的活力和动力的画像和景观。科林斯的题材还包括裸体和圣经故事。 科林斯出生在Tapiau(Gvardeysk),省普鲁士,普鲁士王国。显示早期的绘画天赋,他出席了在1880年慕尼黑美术学院,在巴黎的时间,作为在欧洲的前卫艺术中心相媲美。在那里,他是库尔贝和巴比松画派的影响,通过他们的解释由慕尼黑艺术家威廉Leibl和威廉Trübne...

 Lovis Corinth ou Franz Heinrich Louis Corinth, (Tapiau, Prússia Oriental, 21 de julho de 1858 — Zandvoort, Países Baixos, 17 de julho de 1925) foi um pintor alemão que, ao lado de Max Liebermann, Lesser Ury e Max Slevogt, veio a ser um dos mais importantes representantes do impressionismo em seu país. Em 1876 iniciou seus estudos na Escola de Belas...

 Lovis Corinth (21 de julho de 1858 - 17 de Julho de 1925) foi um pintor alemão e gravurista cuja maturidade trabalho realizado uma síntese do impressionismo e expressionismo. Corinto estudou em Paris e Munique, se juntou ao grupo Secessão de Berlim, mais tarde, Max Liebermann sucesso como presidente do grupo. Seus primeiros trabalhos foi na abordag...

 Lovis Corinth ou Franz Heinrich Louis Corinth, (Tapiau, Prússia Oriental, 21 de julho de 1858 — Zandvoort, Países Baixos, 17 de julho de 1925) foi um pintor alemão que, ao lado de Max Liebermann, Lesser Ury e Max Slevogt, veio a ser um dos mais importantes representantes do impressionismo em seu país. Em 1876 iniciou seus estudos na Escola de Belas...