US: +1 (707) 877-4321 FR: +33 977-198-888

English Français Deutsch Italiano Español Русский 中国 Português 日本

お気に入り マイカート

Maqueta NUM。 13デ·ラ·セリエガウディ, オイル バイ Joan Miro (1893-1983, Spain)

送料無料となります。返品無料 すべての時間。詳細を参照してください。

Joan Miro

ジョアン·ミロ私Ferràは(1893年4月20日 - 1983年12月25日、カタロニア語の発音:)バルセロナで生まれたスペインのカタロニアの画家、彫刻家、陶芸家であった。

国際的な評価獲得、彼の作品は、シュルレアリスム、潜在意識のサンドボックス、子供のようなのを再作成、およびカタロニア語の誇りの表れと解釈されています。 1930年からさかのぼる数多くのインタビューで、ミロはbourgeoisieの女性形社会を支えるための方法として、従来の塗装方法の軽蔑を表明し、有名な確立絵画の視覚的な要素を動揺させるのに有利な "絵画の暗殺"を宣言した。

金細工職人と時計職人の家族に生まれ、若いミロはモンパルナスと1920年に収集された芸術のコミュニティがパリに移住に向かって描かれた。有機的なフォルムとシャープな線で描かれた平坦画像プレーン:そこでは、詩人や作家の影響を受けて、彼はユニークなスタイルを開発しました。ため、一般的にオートマティズムと性的シンボルの使用(例えば、それらから放射される波線の豆炭その他これら)の彼の興味のシュルレアリスムと考える、ミロのスタイルは、シュルレアリスムとダダによって程度の差に影響を与え、まだ彼はすべての芸術へのメンバー登録を拒否されました両大戦間の欧州年間の動き。アンドレ·ブルトン、シュルレアリスムの創始者として、彼を説明する "私たちのすべてのほとんどのシュルレアリスム"ミロは、同様の状況下で、彼の最も有名な作品の一つ、ハーレクインのカーニバルを作成するに告白。

"どのように絵画のための私の図面と私のアイデアを私を思ったかというと、私は夜の通りBlometで私のパリのスタジオに帰ってくるだろう、私はベッドに行きたい、と時々私は夕食をしていなかった。私は物事を見て、私はノートでそれらを書き留めた。私は天井上の図形を見た... "

ジョアン·ミロは、もともと'27の生成、スペインの詩人、作家、画家、ルイス·ブニュエル、ミゲル·エルナンデス、ホセ·マリア·イノホサとガルシア·ロルカが含まれてフィルムメーカーで構成された集団の一部であった。後者の3つは、スペインのファシスト党の治世中にフランコによって殺害された。ブニュエルやその他のいくつかのアーティストは、フランスと米国のために逃げることができました。ミロは、これらの亡命者の間でした。ミロのシュールレアリズムの起源ははるかにすべてのスペインの超現実主義とMAJIC現実の仕事のような "抑圧"から進化したことに注意することも重要です。また、ジョアン·ミロは、ハイチのブードゥー教の芸術と亡命に入る前に彼の旅を通じて、キューバのサンテリアの宗教のよく知っていた。これは、アート作りの彼の署名様式につながった。

ジョアン·ミロ、耕さフィールド、(1923-1924)、ソロモンR.グッゲンハイム美術館。オブジェクトや図形の複雑なアレンジのこの初期の絵は、ミロの最初のシュルレアリスムの傑作だった。 1926年に、彼はセルゲイ·ディアギレフのために設計にマックス·エルンストとのコラボレーション。ミロの助けを借りて、エルンストは、grattageの手法を開拓した彼は、キャンバスの上に顔料をtroweled。ミロは1929年10月12日にパルマのピラールJuncosaと結婚し、彼らの娘ドロレスは1931年7月17日に生まれました。瀧口修造は、1940年にミロの最初のモノグラフを公表した。 1948年から1949年に、バルセロナに住んでいるが、ミロはムルロスタジオ(リトグラフ)のアトリエLacourière(彫刻)で彼のテクニックを印刷上で動作するようにパリに頻繁に訪問した。プリンタフェルナンムルロで開発され、40年続く密接な関係が千人以上の別エディションのリソグラフィの生産になりました。

1959年、アンドレ·ブルトンは、エンリケ·田原、サルバドール·ダリ、そしてエウジェニオGranellの作品と一緒にシュルレアリスム展へのオマージュでスペインを表すためにミロを求めた。ミロは1964年に完成したサン·ポール·ド·ヴァンス、フランスのマーグ財団の庭のための彫刻と陶器のシリーズを作成しました。

ミロは絵に以前確立された技術を元に戻す方法として、自動描画を開発した最初のアーティストの間でした、したがって、アンドレ·マッソンに、芸術運動としてのシュルレアリスムの始まりを表す。しかし、ミロは、グループ内で自分の立場を損なうことなく、他の芸術スタイルを自由に試すことになるために超現実主義の正式メンバーにならないようにしました。彼は自動描画とシュールレアリズムから、表現主義とカラーフィールド·ペインティングに至るまで、芸術の世界では彼自身の利益を追求しました。

絵画の暗殺でミロのよく引き合いに出されるの関心は裕福な中で宣伝と文化的アイデンティティを促進するための手段として使用されるあらゆる種類のブルジョア芸術の嫌悪感から派生しています。具体的には、ミロは、彼の見積もりの​​時点でフランスに設立された芸術的な表現形式になっていたこの方法でキュービズムに反応した。彼は政治にピカソの芸術の人気と処分を攻撃する意図をもって、ピカソの絵を参考に "私は、彼らのギターを破るだろう"と語っています。

"空の光景が私を圧倒する。私が見たとき私は広大な空、月の三日月、または太陽の下で、圧倒されています。そこでは、巨大な空の空間で私の写真、小さな形で。空のスペースは、空の地平を、空の平野 - 裸であるすべてのものは、常に非常に感銘を受けました。 " - ジョアン·ミロ、1958年、芸術上の二十世紀アーティストで引用された。

伝記作家ウォルター·エルベンとのインタビューで、ミロが言って、美術評論家のための彼の嫌悪を表明し、彼らが "何よりも哲学者であるとより心配しています。彼らは先入観を形成し、それらは芸術作品を見てみましょう。絵画は単にとしてその衰弱した哲学的システムをラップするのマント。 "

四次元の絵はどの絵その2つの次元を超えても彫刻の三次元だろうで提案されている絵画ミロの理論的なタイプです。

彼の人生ミロの最後の数十年にパリのユネスコの建物で太陽の月の壁と壁を含むセラミックス、何百もの製造、さまざまなメディアで彼の仕事を加速させた。彼はまた、展示のための一時的なウィンドウの絵画(ガラス上)しました。彼の人生の最後の年のミロは、ガスの彫刻、4次元の絵画の可能性を探求し、彼の最も急進的な、少なくとも既知のアイデアを書いた。

1974年に、ミロは、ニューヨークの世界貿易センターのタペストリーを作成しました。彼が最初に彼は工芸を学び、いくつかのものを生産し、タペストリーを行うことを拒否した。彼の世界貿易センターのタペストリーは、ツインタワーの攻撃中に失われた芸術の最も高価な作品の一つであった世界貿易センターbuilding.Itで長年表示されていました。

1981年に、ミロは太陽、月との1つ星だ - 後ミロのシカゴに改名 - 発表されました。この大規模な、ミクストメディアの彫刻は、他の大規模な公共彫刻、シカゴピカソから通りを渡って、シカゴのダウンタウン·ループエリアに屋外に位置しています。ミロは太陽、月、1967年にある1つ星のブロンズモデルを作成しました。モデルはミルウォーキー美術館に常駐します。

ジョアン·ミロ、ラLeçonスキー連盟、1966年、カラカス、米国ではミロの最も重要な作品のVenezuelaOneのソフィアImber現代美術館は、彼の唯一のガラスモザイク壁画、Personnageワゾー(鳥の文字)、1972年から1978年です。ミロは、アート、カンザス州のウィチタ州立大学のエドウィンA.ウルリッヒ美術館のために特別にそれを作成しました。壁画は、彼が85歳だったとき、彼は79と完成したときに行わミロの最大の二次元プロジェクトの一つです。壁画の製作は、実際には1977年に完了しましたが、ミロは、インストールが完了するまでそれが終了を検討していませんでした。

ガラスモザイクは、ミロのために第一号だった。彼は他人をやってみたかったが、時間は彼に対して、彼はできませんでした。彼は1978年に壁画の除幕式に来ていたが、彼はPalma de Mallorca、スペインでの彼のスタジオで下落し、旅行することができませんでした。マヨルカ島の彼の島の家とスタジオは1983年に彼の死までの1956年から彼を務めた。

ウルリッヒ美術館の全体の南壁はアルミニウムでコンクリートの壁に取り付けられ、特別に処理した木材に取り付けられた大理石やベネチアンガラスの一万個で構成される52フィート(8.53 mxの15.85メートル)の壁画による28フィートの基盤であるグリッド。アーティストのギフト、ドナー·グループは、シャルトル、フランスのアトリエロワールによって作製するために支払われ、そのインストール用の。ウルリッヒ博物館も壁画のキャンバスの模型上に12フィートの油で5½フィートを取得しましたが、それは以降の博物館の買収や壁画に必要なすべての修復をサポートするための基金を確立するために販売されている。全体の壁画は、もともとのガイドとしてミロの模型を使用して、アトリエロワールで職人いずれかによって組み立てられた。

ドナ私Ocell、1982年、バルセロナ、ミロの個人的な指導の下SpainFabricated、1977年に完成し、壁画を構成する40のパネルは、WSUに出荷され、壁画は1978年にウルリッヒ美術館のファサードにインストールされています。それは少し認識を受け取ったが、壁画には、ミロの北米最大の二次元作品やアーティストによるその種類の唯一のタイプのひとつとして、アーティストのキャリアの中で精液の仕事です。

ミロは、いくつかの絵本に取り組んだ。これらはとして知られていた "リーヴルD'アーティスト。"
そのような作業は、 "レ·ドゥ·pénalitésenfer OU LESヌーヴェルフィンガルの洞窟"(地獄やニューヘブリデスのペナルティ)というタイトルのフランスの詩人ロバート·デスノスの未亡人の要請で、1974年に出版されました。それは25リトグラフ、黒の5つの、色の他の設定されていました。

2006年にこの本は、アートのベロビーチ美術館で "ジョアン·ミロ、絵本"に表示されていました。ある批評家は、豊富な画像のためにも本の作成の背後にある物語のためだけでなく、 "特に強力なセットであると述べた。リトグラフは長い間、狭い垂直であり、彼らはミロの使い慣れた形状を備えながら、質感の珍しい強調がありません。私は即座に感情的なlushnessに、これら4つの版画に魅了された "批評家が、続けて"、それはクールな面とは対照的であるミロの作品のあまり。の彼らの痛切がさらに大きくなり、私が思うに、あなたは彼らがされる​​ようになったか読んだとき。アーティストと出会い、デスノス、1925年におそらく最も愛され、影響力のシュルレアリスムの作家、と友達になり、ずっと前に、彼らはアウシュヴィッツで、彼の懲役刑につながっ後者の。デスノス "大胆な批判は、これらの計画があるためスペイン内戦や第二次世界大戦を手に入れました。リーヴルD'アーティストに協力する計画を立て、彼は間もなく45歳で死去釈放後の1945年。ほぼ三十年後、デスノス "未亡人の提案で、ミロは、それは1922年にモロッコで書かれた散文に彼の最初の仕事だった。詩人の原稿を説明するために着手したが、この死後のコラボレーションまで、未発表のままで"

ミロは、バルセロナの大学から1979年に博士号名誉のためにを受けた。
彼は1983年12月25日にパルマ、マヨルカ島の自宅で寝たきりに死亡した。彼は心臓病に苦しんだと二週間前に彼の死呼吸器系の問題のためにクリニックを訪れた。

彼の作品の多くはワシントンD.C.とモンジュイック、バルセロナFundacióジョアン·ミロのナショナル·ギャラリー·オブ·アートで、今日展示されて、彼の体は、モンジュイックの墓地で、近くに埋葬されています。今日では、ミロの絵画は1700万25万米ドルの間に、米国ドルで販売、後者は2008年5月6日にラ·閃電·デ·エトワールのオークション価格であり、彼の作品の一つに支払わ最高額です。

ジョアン·ミロ私Ferrà彼の一生の間にいくつかの賞を受賞しました。 1954年に彼は1958年グッゲンハイム国際賞で、ヴェネツィア·ビエンナーレのプリント作成賞を与えられ、1980年に彼はスペインのファンカルロス国王から芸術のGold Medalを受賞。

1981年、パルマデマヨルカ市議会はミロの目的のために寄付していた4つのスタジオに収容されFundacióピラール私はジョアン·ミロマジョルカを設立しました。

2006年、アーティストの権利協会は(米国ではミロの著作権を管理する者)は彼の第113歳の誕生日だったでしょうかにアーティストを記念して立て、そのロゴのカスタマイズバージョンを削除するには、Googleを尋ねた。ARSは、特定の作品の一部と主張彼らの保護の下のロゴで使用されていたこと、およびそれらが許可なしに使用されていた。アーティスト人権協会大統領セオドア·フェダーによると、 "ミロの作品への基礎となる著作権があり、彼らは権利を持たずにそれを置いている" Googleは要求を遵守しますが、著作権の違反があったことを否定した。

ジョアン·ミロは、新規の4番目のセクションで二回終わりに向かってパウロ·コエーリョの11分、数回に記載されています。 11分の主役は、ミロののそれに芸術の彼のスタイルを関連付けます。

"Moonbird"という名前のミロ像は、ザ·シンプソンズのエピソード "それは90年代ショー"のスプリングフィールド大学のキャンパス内に記載されています。ホーマーとプレッピー学生の両方がミロの名前を読み誤る。

デイブ·ブルーベック·カルテットは、さらにアウト彼らの1960年代のアルバムの時のアルバムカバーとしての絵画を使用していました。
ミロの作品は、ドナルド·フェイゲンの "ニューフロンティア"のミュージックビデオで参照されます。

米国で最も知名度の室内楽グループのひとつ、ミロ·クァルテットは、1995年にオベリン音楽院で設立されました。

 Joan Miró i Ferrà (April 20, 1893 - December 25, 1983 Catalan pronunciation: ) was a Spanish Catalan painter, sculptor, and ceramist born in Barcelona. Earning international acclaim, his work has been interpreted as Surrealism, a sandbox for the subconscious mind, a re-creation of the childlike, and a manifestation of Catalan pride. In numerous in...

 Joan Miró, né le 20 avril 1893 à Barcelone et mort le 25 décembre 1983 à Palma de Majorque, est un peintre, sculpteur et céramiste catalan, considéré comme un artiste majeur du surréalisme et de l’Art moderne. Biographie Né en 1893 dans une famille d'orfèvres et de joaillers, Miró devient comptable puis s'inscrit à l'Académie de Francesc Galí à Bar...

 Anecdotes et Citations de Joan Miro
Amoureux de Paris, il vivra dans plusieurs quartiers de la capitale : dans un atelier de la rue Blomet, puis de Montmartre. Une fois marié, il emménagera rue .... Amoureux de Paris , il vivra dans plusieurs quartiers de la capitale : dans un atelier de la rue Blomet, puis de Montmartre. Une fois marié, il emménagera rue François Mouthon en 1929. En...

 Joan Miró i Ferrà (20. April 1893 - 25. Dezember 1983 katalanische Aussprache:) war ein spanischer katalanischer Maler, Bildhauer, Keramiker und in Barcelona geboren. Internationale Anerkennung verdienen, hat seine Arbeit als Surrealismus, einem Sandkasten für das Unterbewusstsein, eine Neuschöpfung des kindlich, und eine Manifestation der katalan...

 Joan Miró i Ferrà (20 aprile 1893 - 25 dicembre 1983 Catalano pronuncia:) è stato un pittore spagnolo catalano, scultore e ceramista nato a Barcellona. Guadagnare fama internazionale, il suo lavoro è stato interpretato come Surrealismo, una sandbox per la mente subconscia, una ri-creazione del infantile, e una manifestazione di orgoglio catalano. ...

 Joan Miró i Ferrà (abril 20, 1893-12 25, 1983, Pronunciación de catalán:) fue un pintor español catalán, escultor y ceramista nacido en Barcelona. Ganar reconocimiento internacional, su obra ha sido interpretada como el surrealismo, una caja de arena para que la mente subconsciente, una recreación de la gente sencilla, y una manifestación de orgull...

 Жоан Миро я Ферра (20 апреля 1893 - 25 декабря 1983 года каталонский произношение:) был испанский художник каталонский, скульптор, керамист и родился в Барселоне. Заработок международное признание, его работа была интерпретирована как сюрреализм, песочница для подсознания, воссоздание детской, и проявление гордости Каталонии. В многочисленных инте...

 米罗我Ferrà(4月20日,1893年 - 1983年12月25日,加泰罗尼亚语发音)是一个西班牙的加泰罗尼亚画家,雕塑家,陶艺家出生在巴塞罗那。 赢得了国际赞誉,他的作品已被解释为超现实主义,潜意识的沙箱,童趣的再创造,体现了加泰罗尼亚骄傲。在众多的访谈从20世纪30年代开始约会,米罗表示蔑视传统的绘画方法bourgeoise社会支持的一种方式,和著名宣布赞成镦建立绘画的视觉元素在“刺杀绘画”。 生于金匠和钟表匠家庭,年轻的米罗画对蒙帕纳斯并于1920年收集的艺术界移居巴黎。在这里,诗人和作家的影响下,他发展了自己独特的风格:有机形式和扁平的图片飞机用锋利的线绘制。一般认为1,因为他的兴趣在全自动和的性符号的使用(例如,从他们身上所产生的波浪线ovoids)超现实主义的,米罗的风格不同程...

 Joan Miró i Ferra (20 de abril de 1893 - 25 de dezembro de 1983 pronúncia catalã:) foi um pintor catalão espanhol, escultor, ceramista e nascido em Barcelona. Ganhando fama internacional, sua obra tem sido interpretada como o Surrealismo, uma caixa de areia para a mente subconsciente, uma recriação da criança, e uma manifestação do orgulho catalão...